名倉潤【うつ病】発症の原因は?リハビリで2か月間の休養に入った!

エンタメ

ネプチューンの名倉潤(50)さんがうつ病を発症してリハビリのため、約2か月間休養するとのことです。

衝撃ですよね。

自らがうつ病になったことを発表しました。

この前もテレビに出ていたのですが、そんな感じには見えなかったです。

見た感じだとわからないものですね。

Sponsored Link

名倉潤【うつ病】発症の原因は?

自らが「うつ病」だと発表した名倉潤さんですが、考えられる原因は何でしょうか?

うつ病を発症したのは、2018年6月に「椎間板ヘルニア」の手術をしてから約1か月後とのことです。

様々なメディアからの情報によると、原因として考えられるのは、手術後のストレス要因ではないかとのこと。

術後の経過は良好だったそうですが、事務所側の話によると手術の侵襲(しんしゅう)という普段の生活圏にはないストレスが要因になりうつ病が発症したのではとのこと。

※手術の侵襲とは:医療行為によって生体が傷つくこと

手術によって生じた身体の反応にストレスがたまり、ホルモンバランスが崩れ心身が不安定な状態になり続けていたのではということです。

名倉潤が発症した【うつ病】とは

うつ病とは、気分障害の一種で意欲や興味の低下、焦燥(しょうそう)などの特徴があります。

※ 焦燥感:あせってイライラすること

手術後のうつは、がん患者さんなど大きな病気をした人に見られることが多いようです。

手術後の経過が良好でも漠然とした不安が長く続くことが要因でうつ病を発症するとのこと。

人間の心と身体は不安定なバランスで成り立っているんですね。

病気やけがをして体にメスを入れることは大なり小なり患者のストレスになることもあるそうです。

まじめで神経質な人ほど体調が悪かったり、身体に一部に違和感があるなどのちょっとした症状でも以前受けた手術と結び付け思いこんでしまう傾向があるようです。

うつ病 3つの発祥原因

千足心療内科クリニックの松島淳院長によるとうつ病の発祥の原因は大きく分けると3つあるそうです。

疲労性によるもの(疲れ、ストレスなど)

心因性によるもの(人間関係の悩み、病気になったショック)

内因性によるもの(全身麻酔など、事故による外傷など)

きっかけが違うだけで、大きく症状はかわらないとのことです。

自律神経のバランスが崩れうつ状態につながるようです。

名倉潤が発症した【うつ病】によって番組では

名倉さんは日テレの「しゃべくり007」で、前までは前列に座っていてゲストにツッコミを入れたりしていましたが、今年の春ごろから後列に変更されて口数も少なくなっていました。

番組のスタッフの話によるとカンペを細かくチェックして真剣に取り組んでいたそうですが、収録では無理に笑っているように見えることもあったようです。

視聴者からは、「元気なさそうに見えるけど大丈夫?」と言う声も上がっていたとのこと。

Sponsored Link

名倉潤【うつ病】になって2か月間の休養に入った!ネプチューンはどうなる?

事務所(ワタナベエンターテイメンント)の発表によると

ネプチューン名倉潤 リハビリによる休養のご報告

平素は多大なるご高配を賜り誠にありがとうございます。

弊社所属 ネプチューン 名倉潤(50)が、2019年8月1日より約2か月間、リハビリにより休養させていただくことをご報告申し上げます。

2018年6月末に「椎間板ヘルニア」の手術を行い、10日間の休養をいただき復帰いたしましたが、その後、手術の経過は良好な一方で、手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症、一定期間の休養が必要という医師の診断により、2019年8月1日から2か月間ほど、再度休養させていただくことになりました。

ファンの皆様、関係者の方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。

との発表がありました。

今回の発表によると、椎間板ヘルニアの手術後に一定期間休養(2018年7月)をしてその後「うつ病」を発症したようです。

現在まで約1年間の期間がありますが、その間、名倉さんはうつと格闘していたのか、周りや医師から休養した方がいいと勧められたのかははわかりませんが、ゆっくりとお休みしてください。

twitterでも名倉潤さんに対しメッセージが寄せられています。

 

ネプチューンの仕事は、名倉潤さんがいない状態で行われます。

ファンとしては、鋭いツッコミが見れなくなって残念です。

ゆっくりと休養してくださいね。

Sponsored Link

この記事もよまれています。
⇩  ⇩
出没!アド街ック天国で「東久留米」放送?イノッチが駅前に出没!