大涌谷現在の規制は?ライブカメラ(駐車場など)ロープウェイは?

地震・火山

2019年5月に始まった神奈川県西部の箱根を中心とする火山活動がいまだ続いています。

大涌谷といえば、荒涼とした山肌に噴煙が立ち込めているのを間近で見られ、自然を目の当たりに感じられるところです。

以前は、地獄谷と呼ばれていたようです。

前に行った時、名物の黒タマゴが美味しかった!

あれからかなり経ちますが、現在はどうなってるか気になりますよね。

Sponsored Link

大涌谷 現在の規制はどうなってる!

【最新】追記


2019年10月7日に気象庁がh小根山の噴火警戒レベルを1に引き下げたことにより、11月13日に箱根山火山防災協議会を書面開催いたしました。

2019年11月15日(金)9時より 大涌谷周辺のハイキングコース及び自然研究路を除く大涌谷園地に立ち入ることが出来るようになりました。

時間は、9時~17時までの間です。

箱根ロープーウェイは

2019年10月26日(土)午前9時から全線再開されています。

県道の通行止めは

県道734号(大涌谷~小涌谷線)の大涌谷三又路から大涌谷園地駐車場まで通行止めでしたが、2019年11月15日(金)より9時~17時までの間通行可能になりました。

今後の火山活動状況によて通行規制は変わることがあります。

 

 

最新の情報は、神奈川県箱根町のHPでご確認ください ⇒神奈川県箱根町

以下、過去記事です。

気象庁火山部(2019年8月9日16:00発表)によりますと、現在も噴火警戒レベル2が発令されています。

令和元年8月9日16時00分 気象庁地震火山部発表
<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
箱根山では、火山活動が活発化しています。大涌谷周辺の想定火口域内では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

箱根火山活動の影響で芦ノ湖の西岸や駒ケ岳付近等を震源とする火山性地震はいまだ増減を繰り返しておりますが、最近(6月末)は少ない状態で経過しています。

この火山活動の影響で大涌谷周辺は、周辺の立ち入り禁止や通行規制がされています。

Sponsored Link

大涌谷周辺 現在の県道通行規制

神奈川県庁HPより

県道734号(大涌谷小涌谷)の大涌谷三叉路から大涌谷園地駐車場まで、令和元年5月19日(日曜日)から、終日通行止めとなっています。
この通行規制は、今後の火山活動状況により変更する場合があります。最新の情報をご確認くださいね。

参考ページ:神奈川県庁HP⇒ 大涌谷周辺における県道の通行規制について

大涌谷の現在は!ライブカメラリンク集(駐車場含む)

大涌谷の様子が気になりますよね。

規制がありますので近づいてみることはできませんが、ライブカメラで確認することができます。

大涌谷のライブカメラをいくつか集めましたのでご覧ください。

■Youtube(神奈川県災害対策課より)撮影場所:箱根町仙石原
⇒ 大涌谷遠望ライブカメラ

 

■大涌谷ライブカメラ
 箱根山(パターン2大涌谷)の現在の様子(Yahoo)(1~3まで3パターンあり


■大涌谷ライブカメラ
⇒ 箱根大涌谷の駐車場(インターネット自然研究所)

【最新】大涌谷 現在の箱根ロープウェイ運行は

2019年9月19日(木)全線で運休している「箱根ロープウェイ」は、警戒区域外の桃源第~姥子間での運行再開を致しました。

最新の情報は、箱根ロープウェイのHPのサイトでご確認ください。(更新が間に合ってないかもしれません)

⇒ 箱根ロープウェイHP

 

 

まとめ

迫力満点の大涌谷ですが、早く火山活動がおさまって規制解除になればいいですね。

大涌谷は、たまに行きたくなってしまうところです。

箱根に行ったら必ずといっていいほど立ち寄っています。

これから夏休みになりますので箱根に行く予定の人も増えるかもしれませんね。

箱根に行って大涌谷に行けないのは残念です。

箱根にお出かけの際は、最新の情報をご確認くださいね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link

この記事も読まれています。

⇩  ⇩
箱根火山活動に伴う規制、大涌谷への観光は【2019年警戒レベル2】