12月23日はどうなった?祝日は平日に戻るのか?

ライフスタイル

12月23日は、いままで天皇誕生日で祝日でしたが、2019年(令和元年)のカレンダーを見ると12月23日(月)は平日になっています。

2020年(令和2年)から天皇誕生日は、2019年5月1日に天皇即位の日があり、天皇が変わり現在の天皇陛下の誕生日である2月23日が新しい天皇誕生日となることになりました。

Sponsored Link

12月23日はどうなった?祝日は平日に戻るのか?

天皇陛下が変わり誕生日が変わった為、2019年(令和元年)12月23日は、平日になりました。

天皇誕生日の祝日に関して内閣府が発表しています。

天皇の退位等に関する皇室典範特例法(平成29年法律第63号。以下「皇室典範特例法」という。)附則第10条により、国民の祝日に関する法律が一部改正されるため、皇室典範特例法の施行の日(平成31年4月30日)の翌日より、天皇誕生日が12月23日から2月23日になります。

出典:内閣府HP

このため、2020年以降は現在の天皇陛下の誕生日である2月23日(祝日)になります。

昭和天皇の誕生日である4月29日は、天皇が変わっても現在「昭和の日」という形で祝日になって残っていますが、平成の時の天皇誕生日である12月23日は天皇が変わっても残らないで平日になるんですね。

このへんがよくわかりません。

ちょうど12月23日は、クリスマスなどのイベントで祝日と土曜日、日曜日と重なるとちょっとしたお休みが続くという感じでした。
 
■2020年の国民の祝日、祭日(内閣府HP) ⇒ こちらです 

2019年は、祝日、祭日が22日あり、過去最多になったそうです。

祝日は、体育の日(10月14日)が無くなってスポーツの日(7月24日)になったり、今後もいろいろと変更がありそうですが、休みが増えることはいいですね。

天皇誕生日の祝日が、12月23日から2月23日に変わることになりました。

あなたは、祝日が12月から2月に変わりましたが、あなたはどちらのお休みの方が良かったですか。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link

この記事も読まれています。
⇩  ⇩
年賀状じまいの方法【こんな例文がいいかも】平成最後がチャンス!