パンデミックとは?【新型コロナウイルス】で心配される人類の脅威!

ライフスタイル

中国武漢市から広まった新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大しています。

WHOは、3月11日「パンデミック」と表明しました。しかし、世間からは「遅すぎ」との声が絶えません。


「パンデミック」とはどういう状況をいうのでしょうか?

パンデミックとは?【新型コロナウイルス】で心配される人類の脅威!

【パンデミックとは】

「感染爆発」と言う意味があります。

 「パンデミック(Pandemic)」という言葉のもともとの意味は、地理的に広い範囲の世界的流行および、非常に多くの数の感染者や患者を発生する流行を意味するもので、AIDSなどにも使用されてきました。

インフルエンザ・パンデミックは、「新型インフルエンザウイルスがヒトの世界で広範かつ急速に、ヒトからヒトへと感染して広がり、世界的に大流行している状態」を言います。

実際には、WHOフェーズの6をもって、パンデミックということになります。

またこのときに分離されるウイルスを、Pandemic strainと呼びます。

また最近は、「パンデミック」と言う言葉が、「インフルエンザ・パンデミック」と同じ意味に使用されることもあります。

出典:国立感染症情報センターHPより

過去には14世紀にヨーロッパで大流行したペスト、19世紀から20世紀に大流行したペスト。

1918年から1919年に流行したスペイン風邪(インフルエンザ)は感染者5億人、約世界人口の約30%が感染し、死者が5,000万~1億人に上りました。

1968年には香港かぜなどがあります。

今回の新型コロナウイルスは、今後パンデミックとなるのでしょうか?

Sponsored Link

【WHOによる6つのインンフルエンザパンデミックフェイズ】

フェーズ1 (前パンデミック期) ヒトから新しい亜型のインフルエンザは検出されていない が、ヒトへ感染する可能性を持つ型のウイルスを動物に検出

フェーズ2 (前パンデミック期) ヒトから新しい亜型のインフルエンザは検出されていない が、動物からヒトへ感染するリスクが高いウイルスが検出

フェーズ3 (パンデミックアラート期) ヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されている が、ヒトからヒトへの感染は基本的に無い

フェーズ4 (パンデミックアラート期) ヒトからヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認さ れているが、感染集団は小さく限られている

フェーズ5 (パンデミックアラート期) ヒトからヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認さ れ、パンデミック発生のリスクが大きな、より大きな集団発生がみられる

フェーズ6 (パンデミック期) パンデミックが発生し、一般社会で急速に感染が拡大している

出典:厚生労働省HPより

 

今は、昔と違って海外からの渡航者が比べ物にならないくらい増えています。

日本も武漢市からの入国を制限していますが、中国全土に広がっていますので感染リスクは非常に高くなっています。

一説には、今後4月~5月に感染者のピークが来るとも報道されています。

今後の推移を見守りたいと思います。

Sponsored Link

この記事も読まれています。
⇩  ⇩
新型コロナウィルスの初期症状、潜伏期間は?【最新情報更新中~】