台風が来ると気象病が発症!その症状とはどんなもの【知らなきゃ損】

天気

台風の季節になると体調がすぐれない人がいます。

あなたは大丈夫ですか?

気圧の変化によるきっかけで出る症状で気象病と呼ばれています。

最近は、ゲリラ豪雨が頻発していますがこのゲリラ豪雨によっても狭いそこの地域だけ気圧が下がり、雨で急激に気温が下がって気温差によって身体に負担がかかり体調不良になることがあります。

Sponsored Link

台風が来ると気象病が発症!その症状とはどんなもの

気象病は、国内で約1000万人の人に症状があると言われています。

気象病によって身体にどの様な変化があるんでしょう?

その症状は様々な症状があります。

■頭痛

■関節痛

■脱力感

■脳梗塞

■心臓病

■目まい

■精神疾患

■ぜんそく

■歯周病

■気持ちが悪くなる

などの症状が報告されています。

台風が来ると気象病が発症!

台風や低気圧など気圧、気温の変化によって体調が悪くなると言われている気象病ですが、そのメカニズムはどうなっているんでしょう。

気圧や気温の変化によって肺や血管、循環器が膨張や収縮して影響を受けます。

またこれらはストレスとなって自律神経に影響して気象病を発症するようです。

気圧の変化の影響を受けやすい人は、数ヘクトパスカルの差でも頭痛やめまいが起こることがあるとのこと。

台風が接近してきた時は大変です。その数十倍の変化が起きてしまいます。

もともと脳梗塞や心臓病などの病を抱えている人は、要注意したほうが良さそうです。

逆に台風が近づいてくると元気になる人もいるようです。

台風が近づいてくるとそわそわして外に出たくなるという人も少なくないようです。

最新の台風の位置は ⇒ ウエザーニュース(台風情報)

台風が近づいてきたら最新の台風情報をご確認ください。

Sponsored Link

この記事も読まれています。
⇩   ⇩
【台風情報】最新の台風進路予測!【気象庁、米軍、の予想は】